ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

但馬信用金庫について

経営方針

理事長方針

裾野金融の徹底的推進

長期発展のためには裾野地帯(地域大衆)に確固たる基盤を持たねばならない。これがため地域全層にくまなく支持者と利用者の拡大をはかり、地域密着性をより一層高めて更に大きく飛躍を図りましょう。

金融効率化促進と地域社会への奉仕

信用金庫存立の意義は金融効率を高めて、良質安定資金を豊富に供給し、地域社会繁栄への貢献と奉仕にあることを深く銘記し、総力をあげてこの目的を完遂しましょう。

人格錬成と職場の明朗化

我々は金融人としてのみならず社会人としても恥づるところのない人格形成に努めるとともに、職場においては積極的に意思の疎通をはかり更に明るい気迫に満ちた職場にしましょう。

中期経営計画「原点回帰~新たなステージへの着実な進展~」

1.期間
平成28年4月~平成31年3月
2.基本目標
① 地域との共生による地域密着型経営の強化
② 収益力の向上による経営基盤の強化
③ 内部管理の徹底による経営管理態勢の強化
④ 人財育成による組織力の強化

あるべき組織風土

① 私たちは、地域と仕事を大切にします。

・地域と共存共栄の気持ちで、地域の育成発展に努めます。
・安定した収益を確保し、健全経営に努めます。
・愛社精神を持ち、仕事に取組みます。

② 私たちは、情報と対話を大切にします。

・金庫内外の情報を共有し、活用します。
・コミュニケーションをよくし、活気のある職場にします。
・お客様との対話を通じ、「きずな」を深めます。

③ 私たちは、速さとやる気を大切にします。

・向上心を持ち、自己啓発を行います。
・何事にも積極的に挑戦します。
・段取りよく、即実行します。

「地域密着型金融の推進計画」について

但馬信用金庫は、金融庁の「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」に基づき、「地域密着型金融の推進計画」を策定しておりますので、その取組み方針を地域の皆様に公表いたします。
当金庫は、金融業務を通して地域社会の発展・繁栄のためにお役に立てますよう本計画の取組みを推進し、地域経済の活性化とお客様の利便性向上に向け、一層の努力をして参ります。

■平成28年度~30年度

■平成25年度〜27年度

■平成22年度〜24年度

■平成19年度〜21年度

上記はPDFファイルで作成しております。ご覧頂くにはアドビシステムズ社のAdobe Readerが必要です。お持ちで無い方は、アドビシステムズ社のサイトから無償でダウンロードすることができます。右のロゴをクリックしてください。